スキー&スノボのチューンナップ屋さんでがんす。

tunesaito.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:WAX( 20 )


2014年 04月 01日

好敵手現る!

銀パラ界を独走するTEMPOに 

好敵手登場!

その名も

「TOKO 1 3 5 」。

c0108174_1695658.jpg

c0108174_16571091.jpg
↑ に対して

c0108174_178190.jpg
↑ スキーセータとデモパンで武装!

いにしえのビンテージワックス対決。

c0108174_16102573.jpg

制すのはどっちだ!
[PR]

by tune-saito | 2014-04-01 17:03 | WAX | Comments(0)
2014年 03月 01日

これで通してます。

半月ばかり更新サボってたらね、

あっという間に3月ですよ!

どうしましょ。

c0108174_14484399.jpg

さて、 今シーズンの基本ワックス。

ベースにハカセのワックス「HTS blue」

滑走用でTOKO「オールインワン」(対応雪温0~-30° よ)

「なんだ、フツーのワックスじゃん」・・・などと
侮るなかれ!このワックス!


組み合わせがとってもヨロシイらしく

自分でも「滑るなあ~!」という第一印象ではあったのですが

やはり皆さんからも絶賛の嵐。

耐久性・滑走性とも申し分ないようです。

もちろん、競技での「ここ一発ワックス」には負けますけど。

いつ・どこで滑るか分からない板ですから
やはり「エックスバー」は大事なこと。

さ、問題はこれからの春雪湿雪に対応できるか・・・

楽しみではあります。
[PR]

by tune-saito | 2014-03-01 15:18 | WAX | Comments(0)
2013年 12月 28日

ZUM?

毎年チューンのご依頼を頂いてるナイスミドルボーダー神奈川のNさん。

北海道のスキー場で「メーカー」の外国人から

頂いたというパンフレット。

c0108174_2375130.jpg
「ZUM」ワックス。

c0108174_2381858.jpg
英文なんでイマイチ理解不能ですが、HF系がメインのようです。

Nさんはサンプル品も頂いたという事で
円筒の生塗ペーストを見せてくれました。


ググったんですけど、日本語解説モノは無し!


made in the Northeastern United States で、が~んす。



実のところ、これって・・・


ものすご~く レアモノか?
[PR]

by tune-saito | 2013-12-28 23:20 | WAX | Comments(0)
2013年 12月 10日

TOKO REDが!

今シーズンから変わったTOKO「NF」レッド。

c0108174_16214431.jpg
塊の色具合といい

削りカスといい、

な・ん・か、すっかり、

●ルメン レッドになっちゃったぞ!(汗)

どした?


追記:「NF」は昨シーズンから出ていたようです。中身は判りませんが。
    在庫を持たしたのか、自分が無知だったようです・・・。       
[PR]

by tune-saito | 2013-12-10 16:23 | WAX | Comments(3)
2012年 11月 10日

羊の顔をした狼

当工房今シーズンのメインWAX。

c0108174_17523947.jpg
HTS blue (開発コードBB68)!

ベースWAXはこれでイカセて頂きます!

メーカーさんのキーワード「羊の顔をした狼」だそうで。

特徴は、低融点でも冷えると硬いワックス。

120°程度で充分ワキシングできます。

ベース作り・ケバ取りに最適。

作業のし易さは重要です。

これをベースにTOKOレッド・ガリウムブルーなどをトップワックスにもっていきますか。

(アテインも興味あったりして。)


向こう10日間の天気予報には雪マークも登場。

さて、楽しみになってきました。
[PR]

by tune-saito | 2012-11-10 17:57 | WAX | Comments(0)
2012年 11月 08日

お助け隊

やっとスタートしたチューンの仕事。

今シーズンまずはボードから。


お客様より「仕上げはコレで」と頼まれたWAXは、

「チームレスキュー」。

c0108174_2255262.jpg

ガムとヨーグルトではないんですよ。

ベース作り用「奴(やっこ)」と滑走用の「無双」。

パウダーWAXがこの中に入ってます。

初めてなんで説明書きを見ながらの作業。

c0108174_227484.jpg
「奴」は事前に入れたので次の「無双」を、こんな感じで振り掛けてっと。


c0108174_2281030.jpg
融点が高いので、すぐには溶けません。

アイロン130~150°設定なのでかなり気を遣います!

ペーパーを使いながら時間を掛けて慎重に。

c0108174_22111849.jpg
ここまできました。


冷える前にスクレーピングとブロンズでブラッシング。

c0108174_2291269.jpg
テカリ具合と手触り感は相当滑りそう。

一回の使用で相当の耐久性があるという事ですが、
融点が高いのでアイロン慣れしてないと、かなり苦戦しそうです。


ま、ワックス議論は散々ネットで取り上げられてるので
これ以降、興味ある方はそちらでどうぞ。

滑走性能は後ほどお客様に聞いてみるとします・・・。
[PR]

by tune-saito | 2012-11-08 22:40 | WAX | Comments(0)
2011年 03月 08日

中止でした。

残念ながら、2011前森山大滑降は悪天候の為
一昨年同様、中止。015.gif


吹雪いたわ、ガスかかったわとの事。
その後はすっきり晴れたんですけどね~


アテインワックスの実力の程は
次回に持ち越しとなりました。027.gif


残念でした!


三男Rぼんずのスキーにでも塗ってみましょう。

てか、横ズレターンしてるようじゃダメか・・・。044.gif
[PR]

by tune-saito | 2011-03-08 10:39 | WAX | Comments(2)
2011年 03月 03日

アテインを買ってみた

3月というのに、ウチの寒暖計はPM2:00現在マイナス6度!
朝方から5cmほどの積雪。
ブログもチューンのお知らせを良い事に半月もサボったりして・・・。

さて、

噂のアテインワックス。

c0108174_14452058.jpg

買ってはいたものの本番では未使用。


やれインターハイのクロカンでヤイの、全小予選でホイのと聞こえております。


真意の程はさておいて、
6日の前森山大滑降で試してみます。


早朝レースなので最低気温に合わせつつ、
後半の緩斜面でいかに走らせるか・・・。


触った感触は、硬いチョークか・・・(KF-1)。

あきらかに今までのWAXとは違いますね、化粧液のよう。

伸び粘りがあまり無い。サラーッとした感じ。耐久性はどうなのかな?

c0108174_14524920.jpg


で、ぶっちゃけ

KF1:KF2:アディティブ 2:1:1 でトライさせていただきます!

HPにはKF1とKF2は混ぜないでといったコメントがありましたが・・・

混ぜちゃいました!

(たぶんKF-1で十分イケると思います。KF-2はこの地ではもっと後半かと・・・)


結果、悪ければ報告しませんから・・・(笑)


物事トライ&エラーで覚えていくものよ!


実は買ってすぐ、試しに「生塗り」で田山を滑ってみました。

ズバリ「とっても滑りました!」です、ハイ。
[PR]

by tune-saito | 2011-03-03 14:50 | WAX | Comments(2)
2010年 01月 05日

楽しくも答えなきワックス論

前回の投稿コメントにお答えしようと思いましたが、
ブログネタもあまりないのでこっちに上げちゃいました!

では質問内容から・・・・

この間スキーヤーの甥っ子とワクシングの話をしていたら、
フッ素含有のワックスは熱に弱いから
生塗りしてブラッシングするだけでいいと言っていましたが、
本当なんでしょうか???



ジュンさん
今年もよろしくお願いします。板の調子はいかがですか?

さて、ご質問の件ですが、自身ワックスのスペシャリストではないですよ~
という事を前置きにしてもらってお話しますと、



まず、フッ素系はもともとソールへの浸透性が無いといわれます。

そして、アイロンでのホットワキシングはでもってソールへワックスを浸み込ませるという作業です。

つまり、いくら熱をかけてもフッ素系は浸透せず、
上に乗っかってるだけ=剥がれやすく耐久性が無い・・・。

という事は、「熱に弱い」のではなく「熱かけても意味はない」という解釈となります。

競技では、レース前のフリー滑走やインスペクションで
前日塗ったフッ素系ワックスを落としてしまうよりは、
直前で生塗りしたほうが
「一発勝負ではよく滑る」という考えの方が多いのも事実です。


素材として「フッ素」は熱に弱いのか?となりますと
チョッと判りません。
もし、熱に弱いのであれば、必ずメーカーより説明書きに注意事項があるはずですし。

それに、フッ素コートの「フライパン」ってありますからね・・・。


また、パラフィン系ワックスのほうは浸透性があり固着性も強いので、
ソール素材とフッ素を「仲良くつなぐ」働きを持ちます。
しっかりとワックスを入れた板は
フッ素入れても「よく滑るし持続性もある」となります。


だから、普段から一生懸命ワックスを塗っとけ~!て事になる。


それより、「塗って剥がす」という作業は同時に「ケバ取り、汚れ取り」をも兼ねます。

そっちのほうがワックス云々より大事と言い切る有名な方もいらっしゃいます。



・・・私もそう思います。(板を育てるという事でしょうか)




新年早々、くどいお話となりました。延々と尽きないのでこの辺で・・・

(答えが出てませんが、独り善りの答えが知りたい方はSAITO経由メールなどでも)

いずれにしろ色々な考えがあります。まったく逆の理論をお持ちの方もいます。

ワックス論の半分は

「思い込みとおまじない」

なのですから!(笑)
[PR]

by Tune-saito | 2010-01-05 11:14 | WAX | Comments(4)
2009年 12月 21日

懲りずに。

サラサラとした非常にいい雪の安比山麓です。


昨シーズン同様、チビたワックスが増えたので

また造ってしまった・・・・

ペンギンズWAX。

今度のは丸々1本。

c0108174_1544407.jpg
羊羹じゃないよ。

他ブログには真面目に自作ワックス造ってる
一般の方も居るというのに・・・
TSUNEのスキーレース日記
(勝手にリンクしてスンマセン)

イヤハヤお恥ずかしい限り・・・

でもコレが滑るんです!

アイロン時の伸びもいいんです!なぜでしょ?

皆さんも試してみませんか?
[PR]

by Tune-saito | 2009-12-21 15:52 | WAX | Comments(0)


    





カテゴリ
最新のコメント
お気に入りブログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧